今年も3月分から健康保険料率と介護保険料率が変更になりました。

協会けんぽの健康保険料率と介護保険料率が、平成30年3月分の保険料(4月納付分)から変更になりました。

 

健康保険料率は都道府県ごとで料率が異なっています。

 

例えば大阪の場合、10.13%から10.17%に上がりました。

関西に近いエリアでは、大阪(10.17%)、京都(10.02%)、兵庫(10.10%)、奈良(10.03%)、和歌山(10.08%)は、従来より上がっています。

滋賀(9.84%)、三重(9.90%)、岐阜(9.91%)は、従来より下がっています。

※( )カッコ内は平成30年3月分からの健康保険料率です。

 

介護保険料率は全国一律となっています。

1.65%から1.57%に下がっています。

 

3月分の保険料から変更になりますので、当月払いの場合は4月分給与から、翌月払いの場合は3月分給与から原則新しい保険料率で計算する必要があります。

また、3月に賞与を支給される場合も新しい保険料率にで計算する必要があります。

 

給与の支払い(当月払い、翌月払い)に応じて、従業員一人ひとりの「保険料のお知らせ」をお渡しして、給与計算に間違いがないようにサポートさせて頂いております。

 

また、自社で給与計算をされていて、給与計算は毎月するのでソフトの使い方も覚えているが、保険料率の変更は年に数回しかないので、どこで設定するか忘れたと言われることもあります。

使われている給与ソフトは会社会社で異なりますが、「保険料のお知らせ」のお渡しだけでなく、一緒にパソコンをみながら設定のお手伝いもさせて頂いております。

 

もちろん当事務所で給与計算をさせて頂いている場合も、しっかりと対応させて頂いております。

 

ご参考に協会けんぽのホームページをリンク致します。

「平成30年度の協会けんぽの保険料率は3月分(4月納付分)から改定されます」

https://www.kyoukaikenpo.or.jp/g3/cat330/sb3130/h30/300209