固定残業手当の再確認で良い会社づくり。

残業時間や残業手当は、重要な労務内容の一つかと思われます 。 
 
その残業のなかでも固定残業代の運用は注意が必要です 。 
 
求人の際にも固定残業代のトラブルが多いようです 。 
求人内容と実際の労働条件が異なる事への苦情がハローワークにあるようです 。 
 
固定残業代も何種類かに分けられるかと思います 。 
基本給の一部に残業代が含まれているもの、営業手当などの名称の手当に残業代が含まれているもの、固定残業手当の名称で支給されるもの。 
 
この中でも誤解を与えやすいのが、基本給や営業手当などに残業代が含まれている場合です 。 
 
誤解が起こらないように残業手当の内容を求人の際にしっかりと記載しておくことが必要です 。 
 
また、求人の際だけでなく、今いる社員さんにも誤解が起こらないように、就業規則等にも記載しておくことが大切です 。 
 
その就業規則も労働基準監督署への届け出のみで、社長の机のなかに保管されていては不十分で、トラブルにもなっています 。 
就業規則の周知も大切になります 。 
 
固定残業の実際の見直しや運用には、これまでの手当の支給されてきた経緯や、これからの方向性等、細かく検討する事がございますし、注意が必要な固定残業も、運用次第ではうまくモチベーションアップにつなげることもできますので、しっかりお話をお聞きして、こちらでサポートさせて頂いております 。 
 
社員さんの誤解や不満を取り除いていくことで、永く働いてもらえる職場になるかと思います 。そして、勤続年数の長い経験豊富なベテラン社員さんの集まりは、他社にはすぐに真似できない強みとなる組織・風土になっていくと思います。