教育(共育)訓練

教育(共育)訓練
厳しい時代だからこそ、高い次元での従業員ひとり一人の成長は欠かせません。
従業員一人ひとりが自分の頭で考え、行動して顧客の要望に積極的に応えられる会社づくりが必要となります。
従業員が成長するためには、教育(共育)訓練が必要となります。
ではその教育(共育)は、どうすれば良いのでしょうか。
一般的に「人を変える事はできない、変えられるのは自分だけだ」と言われます。
確かに「経営者は人を育てられない」しかし「人が育つ環境を創ることはできる」かと思います。
経営者も従業員もお互いに「幸せ」を求めている事は共通しているのです。
従って、その幸せの像を描いて具体的に示す事が重要です。
その具体性で従業員を巻き込みながら同じ会社の将来像(=幸せ像)を共に目指していくという事です。
「共感」という言葉がありますが、一緒になって行うことで生まれる連帯感が巻き込む力を生み、一緒になって行うことで生まれる連帯感が巻き込む力を生み、お互いに「共通の夢」を感じ合うようになれるのです。
その「夢」を実現する事業を通じて会社の将来像(=幸せ像)を実感させるのです。
その結果、成果が生まれ「儲け」となって「強靭な経営体質」になっていく訳です。
一緒になって会社の将来像(=幸せ像)に向けて「考え」そして「創意工夫」を行い、さらに「投資」もするという一連の流れが重要なのです。
こんな風にして連帯感を構築できると「人」づくりも出来て、真の「尊敬」をもった腹心の従業員も育たつのです。